LOVE the SNOW SAVE the Winter!!

冬を愛する人たちが地球温暖化に対して語るブログです!
<< 緊急☆募集!!! | TOP | バリアフリー coel (コエル) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | author スポンサードリンク | - | -
デフリンピック報告☆
開会式
デフリンピック ハーフパイプ初の日本代表!左から監督の金田、本多忠選手、鶴岡由佳選手、高崎雷太コーチ、花島大輔選手。

開会式会場へ入場して、ステージで選手団を紹介。旗手を務めるのはクロスカントリーの田崎選手。日本の国旗がやけにカッコ良い☆


4日、原田上選手はスノーボードアルペンGS金メダルを獲得し、前回大会に続き2冠を達成!!そして7日、SLではなんと男女金メダルを獲得!!写真の左は原田上選手、右は女子金メダリストの笠井彰子選手!笠井選手はその翌日、スキーを履いて初めてのハーフパイプでフレアーをメイク??恐るべし。。。
そのハーフパイプはこちら↓

午後になると、両サイドに太陽の光りが当たり、最高のコンディションになる♪ 壁は6メートル、硬いのでほとんど崩れないよ。


毎日のようにTD会議が行われる。各国のヘッドコーチが集まり、競技について話し合う。私もヘッドコーチとして参加し、国際手話を理解しようと目を見開き、手話を通訳された英語にも耳を傾けて必死に集中しました!! でも、やっぱり限界あり・・・。それを助けてくれたのは、アメリカのウィルとスイスのジョー。二人とも、私が理解できるように説明してくれたり、言いたいことをまとめて発言してくれました。国際手話のコミュニケーションも彼らのお陰でなんとか理解できました。挨拶と名前とありがとうだけは覚えましたよ☆次回までにもっと勉強しなくては。
ヘッドコーチはみんな健聴者ですが、競技をいいものにするために、協力し合っていました!超ピース!!最高で〜す!

左から、オーストリアのヘイコ、スイスのジョー、私、アメリカのウィル。
大会当日の朝、公開練習が始まるとヘッドコーチ達はスタートへ集まり、お互いに喜びを分かち合いました!!デフリンピック初のハーフパイプ大会が始まる〜!!

パークとパイプを流せるリフトの脇には、枯れ木に花?!ではなく女性の下着!!やアクセサリーが咲き乱れていました!特大ブラジャーに超ビックリ!!てれちゃう
さておき、いよいよ本番!! 日本代表はどんなすべりを見せるのか、ベストを尽くし、納得のいくすべりができますように、願いをこめる。。。 実は期待の本多選手は、3日前にパイプからドロップアウトした際に腰を強打し、持病の股関節炎を再発!前日まで松葉杖で歩行するほどで、直前まで様子をみながらの調整になりました。
ルーティンは決めていた縦のロデオ540。だけど、完成直前の怪我で練習はおろか、歩行さえままならない状態で、本人はかなりショックで自信を無くしていたにちがいない。そして、痛みもこらえていたのでしょう。
前日、家族が到着して子供達と久しぶりに再会し、そこからパパの気合を見せてくれました!ここにはライディングの写真はありませんが、3本目に決めてた技をメイク!!この日、誰よりも会場をわかせてくれました!!!

この気合、尊敬します!かわいい子供達のまえで、とてもステキなカッコイイパパでした!!感動していた私にコーチや選手達が喜びの言葉をかけてくれて、点数よりも何よりも、技を決めたことに「ほんっとによかった〜!」と心から思いました。
花島選手は惜しくも持ち技が上手くつながらず、9位になりましたが、緊張の中、よくスピンも回ったと思います。まだまだなので、これからも継続してがんばって欲しいですね!
そして、女子の鶴岡選手はベストのすべりとはいえませんでしたが、 そこそこ安定した滑りをして女子のトップになりました。

メダル授与式。日本の日の丸があがる!獲得したのは銅メダルでしたが、金以上の価値のあるメダルになったと思います!!
それぞれにドラマがあり、良い経験になった今回のデフリンピック。私にとっても、本当に色々といい経験になる大会でした。また、現地に来る前の期間も、選手を指導する中で、勉強になることがたくさんあり、人生の中でオモシロイ時期を過ごすことができました!
デフの国際文化交流と言われているデフリンピック。閉会式では各国の選手達がお互いの国のピンバッヂやTシャツなどを交換し合っていました。大会が終われば仲間同士、次回の大会で再会することを約束していました。
私もジョー達とずっと話をしてましたね。そして最後に、本多選手とジョーは日本のハッピとスイスチームのジャケットを交換していました!

代表の3人をはじめ、一緒に頑張ってきたチームのみんな、これからの選手たちの目標になるように、スノーボードを続けて欲しいです。
ハーフパイプの競技の後、落ちていたゴミやペットボトルを拾ってゴミ箱へ。それを進んで手伝ってくれた高崎雷太くん、どうもありがとう! (このとき、日本語の書いた飴のゴミくずを拾いながら、せつなくなりました・・・)
ソルトレイクも温暖化の影響か、駐車場や道路に全く雪が無い状態でした。おかしいのは日本だけじゃないのです。国際交流の場で、本当に考えるべきみんなの問題を次回はどのように行動できるのかな。。。
入賞した選手の皆さん、おめでとうございます!!そしてお疲れ様でした! 今回のデフリンピックに向けて、多くの方からのご支援を頂き、心から応援してくださったことに感謝しています。 どうもありがとうございました!!
- | 17:48 | author 冬を愛し、雪を守ろう!! | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | 17:48 | author スポンサードリンク | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://lts.jugem.jp/trackback/209
トラックバック
2007/02/19 8:57 AM
デフリンピックデフリンピック (Deaflympic Games) とは4年に1度、世界規模で行われる聴覚障害者のための国際総合競技大会であり、障害者スポーツにおける最初の国際競技大会である。夏季大会と冬季大会があり、夏季大会は1924年にフランスで、冬季大会は1949年にオース
看護について知っておきたい事